ひとりはみんなのために!

一人暮らしのための安心の防災術!知識ゼロから始める完全ガイド!

一人暮らしの防災
※本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

あなたは一人暮らしにおいて、一番の不安をあげるとすれば何が思い浮かびあがりますか?

『…健康面?』
『…経済面?』

いや…もっとも不安なのは災害時ではないでしょうか?

健康も、経済も、最悪の場合は自分次第で気を付けることができます。

しかし、急な災害の場合はどうすることもできません。

昨今、増え続けている災害。

現在では世界はともかく日本でも多くの災害が起こっており、日々危機管理を持って生活しなければなりません。

もはや100%安全というべき場所がないのも事実で、万一に備えることがとても重要です。

一人暮らしにおいて身近に頼る人がいないからこそ、自分の備えがすべてです。

この記事では、災害から一人暮らしの人の不安を救うことを重きにおいています。

一人暮らしをしたいけれど…災害時が不安!
一人暮らしの防災について…知識を得て安心したい!

そんなあなたは必見です。

目次

防災対策の重要性

一人暮らしの防災

一人暮らしの人々は、災害時に自分自身で身を守る責任があります。

家族やコミュニティの支援が限られる中で、一人暮らしの身近なリスクや災害への備えが日々、必要不可欠です。

一人暮らしの人にとって…

約4割の人が防災をしていないことがわかっており、そのうち10代・20代の人が8割を超えています。

それほど、防災に対する重要度や意識が低いのです。

一人暮らしにおいて、災害はさらに厄介なモノであると認識しましょう。

一人暮らしの特有のリスク

まずは、一人暮らしの特有のリスクを理解しましょう。

特有のリスク①

一人暮らしでは、緊急時に自分自身だけしか頼ることができず、個人の備えと迅速な意思決定が必要です。

特有のリスク②

一人暮らしの人は災害時に家族や同居人からの即時支援が得られないことが多く、自給自足と備えが必要です。

特有のリスク③

ひとり居住者は、食料、水、応急処置などの資源を入手することが困難になる可能性があるため、緊急時にさらなる脆弱性に直面します。

特有のリスク④

一人暮らしの場合、万一の時に身近に助けを呼べる人がいなく、居場所の特定が困難です。

一人暮らし特有の防災

特有の防災①

  • リスクの事前確認
    • あらかじめ一人暮らしの災害時を考え、在宅ロックダウンや避難経路・避難場所などのシナリオに備えましょう。

特有の防災②

  • タイムリーな対応
    • 防災グッズの事前準備を整えておくと、迅速な行動が可能になり、パニックが軽減され、潜在的なリスクを軽減するための迅速かつ効果的な対応が促進されます 。

一人暮らしの場合は、災害時の備えは一人分だけで良いので、その分事前準備も簡単にできます。

特有の防災③

各自治体や各社の防災アプリを事前にスマホにインストールしておくことで、いざという時に自分の位置情報の表示や災害伝言板として利用できる。

防災速報 - 地震、津波、豪雨など、災害情報をいち早くお届け

防災速報 – 地震、津波、豪雨など、災害情報をいち早くお届け

posted withアプリーチ

事前に確認しておくだけで、災害時にスムーズに動けます。

生活スタイルに基づく対策

一人暮らしの防災

生活スタイルに合わせた防災対策は重要です。

一人暮らしの生活に合わせた防災対策を行うには以下のポイントが役立ちます。

STEP
生活空間の安全確保

家具や家電の転倒防止対策が重要です。

  • 突っ張り棒
  • 固定具
  • 粘着マット

などを利用して、地震時の転倒を防ぎましょう。

貼るだけ!耐震マットで転倒防止!

STEP
持ち出し荷物の準備

非常時に必要な持ち出し袋の中身を準備しましょう。

  • 食料
  • ライト
  • 応急手当用品
  • 簡易トイレ

などの必需品を揃えておくと安心です。

このバック一つで3日間は生き抜ける!

防災グッズなら楽天1位獲得の【ディフェンドフューチャー】

STEP
災害時の行動計画

自宅待機時や避難時の対応を計画しておくことが大切です。

安全な場所への避難経路や避難場所を把握し、状況に応じた行動を事前に考えておきましょう。

STEP
防災グッズの準備

緊急時に必要な防災グッズを準備しておくことが肝要です。

災害対策用品や身の安全を守るためのアイテムを備えましょう。

\ 安心の防災グッズ専門店/

~ピースアップ~

STEP
安全な居住環境の確認

耐震性の高い部屋や安全な建物での暮らしを考えることも大切です。

地震や水害などの災害に備え、安全な居住環境を見直すことも重要です。

生活スタイルに即した対策を実施することで、災害時のリスクを最小限に抑えることが可能です。

一人暮らしの防災リュックの選び方

一人暮らしの防災リュックは使いやすさと携帯性が重要です。

大きすぎず小さすぎないリュックを選び、身体への負担を減らすことがポイントです。

特に一人暮らしの場合は、収納スペースも限られるためサイズも限られてきます。

また、リュック内での整理整頓も重要で、アイテムの取り出しやすさを考慮し、収納スペースを使いやすくしておくことが望ましいです。

防災グッズの必須アイテム

一人暮らしの防災グッズには…

  • 食料・水(2リットル/人/日)
  • 衣類(レインコート・防寒着)
  • ライト
  • ラジオ
  • 応急処置用品(絆創膏・包帯・消毒液)
  • 簡易トイレ
  • スマホ充電器

などが含まれます。

さらに、個人に合わせた医薬品身元確認書などの重要書類も忘れずに準備しましょう。

持ち運びやすさと緊急時の利便性を考えながら、リュックに詰めるアイテムを選定することが重要です。

オススメ

このリュックだけで防災グッズが一通り揃う!

防災グッズ
  • 防災士厳選の防災グッズ39点セット!
  • 楽天デイリーランキング1位獲得(2020)!
  • 累計200,000個販売突破の人気!
ディフェンドフューチャーなら、5年保証で経年劣化時には無料で交換!

まとめ

一人暮らしの防災

一人暮らしにおいて災害時は、頼れるのは自分ただ一人です。

家族や友達と一緒に避難したり、寄り添ったりと、それが出来ないことがすごく不安な部分です。

しかし、その不安のせいで【一人暮らし】の妨げになってしまうと、何もできません。

災害はどこでもいつでも起こるモノといった認識で、一人暮らしをすることが大切です。

少しでも不安を減らすために、事前準備をすることは大切です。

一人暮らしの防災

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

  • URLをコピーしました!
目次